-

お店において利用する時に、一度は経験があると思うのですが、担当者がわかっていないためどのレシートをお客さんへ対して渡して良いのか迷うときがある。といいますのも、クレジットを処理するとレジ端末3組綴りの使用明細が発行されるからでこれらのどのレシートを利用者のもとへ渡して良いのか判断できないということがあるのです。レシートの正体とは:上述の複数枚の利用明細の内容とはいかなるものかについてまとめると下のようになります。1カード利用者に渡す用の明細。2店舗控え利用明細。3クレジットカード会社控え明細レシート(サインする紙)。通常であれば当然お客様の方に渡すべき紙の方を渡すはずなのですが、時として、お店の控え利用レシートをお客さん側へ見間違えて渡すというケースの他サインされた利用明細を渡すというなどという大きなミスなども見受けられるのです。このパターンはパート従業員であるとか普段クレジットが使われない店舗等の会計にてクレジットを利用する際こういった店舗スタッフの心の乱れというものが拝見することが出来るのではないでしょうか(笑)。今後レジ担当者が誤った方の紙を渡そうとしてきた場面では「違いますよ」などと教育してみてはいかがでしょうか。