-

お店でどれものクレジットカードが決済できるわけではない■カード会社の加盟店舗は多くの場合、ときには5を超えるクレジットカードのブランドと契約していますが、ちょっと不便ですがみなの店舗でどれもの会社の契約カードが使えるのでもありません。昔ながらの契約店の場合だとJCBマークの入ったそのクレカしか使えないときもあるし、近頃の商店の場合だとVISA、マスターカードといったマークの書いてあるクレジットカードしか使用不可な場面もあります。銀聯カードのようなカードなら、もっと使えない店舗が増えるでしょう。どのマークのカードが使用できるかをいかなる方法で見分けたら良いか?「ならばどのようにしてどのような所有クレカが決済できるかを見たらいいか?」といっても、きちんとしたことを判断するのにはショップの店員に聞いてみるのみしかないというのが残念だけどその答えになります。とはいえども大多数の商店やレストランには目につきやすい場所に使えるカードのブランドが入っているステッカーが掲載されているんで「そうなんだ、このショップはMasterCardが使えるんですね」という感じで分かりやすくなっているし確認しておいてほしいと思います。いっぽうで、細かく案内が行き届いていない店舗で決済する場合にはシールが貼り付けられているショップでも「今はご提示いただいたカードは決済いただけません」といったような回答を受けるなどという状況もないといえなくもなく頭が真っ白になってしまうことだけは避けたいところです。贅沢をいえば可能な限りより多くのお店でカードが使用できるようにしたいのならば別の種類のマーク(海外会社)がある一般的なVASA、MasterCard、JCB、ダイナースカード、アメリカンエキスプレスカード、ライフカード、などのクレジットカードを2、3枚申し込んでおくようにしたほうがいいでしょう(例として:セゾンカードを持っているなら二枚目はアメックスブランドのカードを契約するといった方法)。特に国内使用のみなら、VISA、MasterCard、JCBの3つの印が書かれているカードをそれぞれ使えるようにしておけばほぼ99%以上のカード決済可能店舗でどれかしらのクレジットカードを渡すことが可能です。クレジットカードを活用して有効にキャッシュレス生活を続けていくにはきっちりとどんな場面でも支払い可能なクレジットカードを作っておいていただくことをお勧めします。