-

一般にはカードの限度額がご自身がよく支払う金額より多めに設定されていると人間は心配ないと勘違いして必要以上にクレカで払ってしまったりするようです。こういったカード乱用を避けるために決済できる上限金額を安全のため低めに申し込んでおこう・・・という提案が以下の記事の主な考え方です。カードの限度額を下げる方法…使用カードの限度額を減らしておくとはカードの限度額を増やすことと同じく、本当に簡単です。手元のカードの後ろにあるフリーダイヤルに電話をし「限度額をセーブしていただけませんか」等とエージェントへ伝えるだけ。普通はすでにある限度額と比較して少ない上限であれば、時間のかかる審査もなく電話一本で申請が可能となります。限度額を引き下げるのは防犯に繋がっている■カードの月の限度額を引き下げておくことは、自分をコントロールできる等のメリットはもちろん被害に遭わないようにすることにもつながります。仮にだが、大事なクレカが悪意のある人物に乱用されてしまったような状況でも普段から持っているカードの上限を低くしておけばリスクを出来るだけ少なくすることもできるためです。覚えておいてほしいのはたとえ乱用されたとしてもクレジットカードのユーザーに過失が確認できない限り盗難保険として知られているものがフォローしてくれることになるから余計な心配は必要ないのですけれど、もしもの時のために普段必要ないような月ごとの限度額は減額しておくのも手です。不必要な上限設定はメリットのないことなんです。